【危険】FXopen(FXオープン)は追証アリ!5つのデメリットを大暴露

【危険】FXopen(FXオープン)は追証アリ!5つのデメリットを大暴露

FXopenを活用して海外FXに挑戦しようと考えているのだけど、実際の評判とかどうかな?
FXopenは海外FX業者の中でも日本人に特に馴染みがない業者の一つであり、出金拒否などが過去に起こっているため、利用はおすすめできません。


おそらく今この記事を見ているあなたも海外FX業者「FXopen」に、興味をお持ちなのではないでしょうか。

結論から言うとFXopenの利用はおすすめしません。

なぜならFXopenでは過去に出金拒否が起こっている上に、公式サイトでは追証はないと謳いながらも実質、追証が発生したケースもあるといった口コミが散見されています。

その他、公式サイトが日本語非対応だったり日本人の利用者が少ないことからも、他の業者と比べてネット上に情報が少ないからです。

ただでさえ国内FX業者と比べて海外FX業者は信用が低いとされているのですから、危険な業者の利用は避けるべきでしょう。

1.FXopen(FXオープン)とはECN口座のスペックが高いFX業者

正式名称FXOPEN market Limited
金融ライセンスNevis(登録番号C 42235. FXOpen)
事業開始日2005年
預託金の管理The Financial Commissionの規定で分別保管 (1万ドルまで信託保全)

FXopenは2005年にサービスを開始した、比較的他の業者と比べて歴史の長い海外FX業者の一つ。

業界で初めてMT5向けのECN口座をリリースした実績を持っており、他のFXopenグループ企業では英国やオーストラリアなどの信頼できる金融ライセンスを保持しています。

ただ、日本人が利用する場合、金融ライセンスはNevis(ネイビス島)が適応。

ネイビスの金融ライセンスに関しては、英国やオーストラリアなどと比較するとそれ程信頼性は高くなく、強い顧客保護などはありません。

また、FXopenは世界的には認知度は高めですが日本ではまだまだ浸透しておらず、国内の認知度はかなり低めであり、FXopen公式サイトは日本語非対応です。

口座名ECNSTPCryptoMicro
最低入金額100$10$10$1$
スプレッド平均0.2pips非公開非公開非公開
取引手数料1.5$〜※なし0.5%なし
最低ロット数0.01ロット(1000通貨)0.01ロット(1000通貨)0.01ロット(1000通貨)100通貨
最大レバレッジ500倍500倍3倍500倍
ロスカット率50%30%15%10%

※ECN口座の取引手数料は、取引量と口座残高によってかかる手数料が異なる。

2.FXopen(FXオープン)の6つのデメリット

FXopenの最大デメリットは公式サイトには”追証なし”と明記されているにも関わらず、追証が適応されるケースがあると言うこと。

そのほかにも公式サイトが日本語非対応だったり、そもそも日本人のFXopen利用者が少ないことから情報が少なかったりとデメリットだからけ…。

その上、FXopenで一番使える口座タイプであるECN口座の初回入金額が1,000ドルからとなっているので、FX初心者にはかなりハードルが高い事が挙げられます。

2-1.”実質”追証が発生するケースがある

基本的には海外FX業者では”追証なし”としているところが大半であり、どこもゼロカットを採用としているところが多いです。

例外なくFXopenでも公式サイトで追証なしと謳っているにも関わらず、実際に利用している投資家のブログ等を調べてみると追証があるといった意見も…。

投資家の中には直接FXopenに問い合わせた人もいるらしく、FXopenからは

「マイナスになった場合、次回の入金からマイナス分を差し引く。」

と告げられたようです。

つまり、ロスカットが発生すると次回の入金額から追証分が徴収されてしまうため、追証が発生することになってしまいます。

公式サイトでは追証なしと謳っていても程度によってはマイナス分を支払わなければならない事もあると言う事なので、この時点で業者として信頼できません。

2-2.出入金手数料がかかってしまう

FXopen 入出金手数料の詳細

送金手段入金手数料出金手数料
クレジットカード2.5%2%
海外銀行送金30ドル30ドル
Webmoney0.8%(最大50ドル)0.8%(最大50ドル)
Bitcoin無料無料

※対応クレジットカード銘柄:VISA, VISA Electron, Mastercard, Maestro, JCB

FXopenは国内銀行には非対応となっており、日本人が入金する際にはクレジットカードもしくは電子送金サービス等を活用する必要性があります。

FXopenと他社との入出金手数料を比較

送金手段FXopenXM
クレジットカード入金:2.5%
出金:2.0%
入金・出金:無料
海外銀行送金入金:30ドル
出金:30ドル
入金・出金:無料
国内銀行送金非対応入金:無料
出金:無料※
Webmoney入金:0.8%(最大50ドル)
出金:0.8%(最大50ドル)
入金・出金:無料
Bitcoin入金・出金:無料入金・出金:無料

※XM口座に国内銀行入金する際には、入金額が1万円未満だと980円の手数料がかかる。

日本人に一番馴染みがある海外FX業者XMと比較すると、圧倒的にFXopenの方が入出金手数料がかかる事がお分かりいただけると思います。

海外FXにおいてランニングコストとも言える手数料は、極力0に抑える事が重要です。

2-3.公式サイトは日本語非対応なので分かりにくい

FXopenの公式サイトは日本語に対応しておらず、口座開設手続きや問い合わせする際には最低限の英語力が必要不可欠。

幸い、Google翻訳機能を活用する事で、全く英語に自信がない方でも口座開設はできます。

しかしながらカスタマーサポートなどを受ける際には、少なからず英語ができないと理解に苦しむ場面が出てくる可能性があります。

そのため、FXopenを利用する際には最低限の英語力が求められると言えます。

2-4.日本人ユーザーには馴染みがなく知名度が低い

FXopenは海外FX業者の中でも長い運営歴を持ってはいますが、日本国内での認知度が低く日本人の利用者はかなり少ないです。

FXopen公式サイトが日本語非対応である事が何よりの証拠ですが、実際にSNSやネットなどでリサーチをかけても口コミなどの情報が少ないのが現状。

万が一、FXopenを活用していて分からない事が出てきた場合に、ネットで調べて解決する事が困難かもしれません。

2-5.ECN口座の初回入金額は1,000ドル(10万円)と高め

FXopenでは4つの口座タイプが用意されています。

  1. ECN口座
  2. STP口座
  3. Crypto口座
  4. Micro口座

中でもECN口座は大変優れたスペックを持っている口座であり、FXopenを活用する際には是非とも利用したい口座の一つ。

ですが、残念なことにECN口座は初回入金額が1,000ドル(10万円)からとなっており、海外FX初心者にはかなりハードルが高いと言えます。

その点、XMであれば初回入金額が数百円からとなっているので、FX初心者でも気軽に利用できます。

2-6.過去に出金拒否の事例がある

FXopenを活用している方の多くは入出金手数料が無料である、Bitcoinを利用している方が大変多いです。

しかしながら、FXopen口座から出金しようとした人の中には、出金拒否の事例が挙がっています。

https://twitter.com/mscsuki/status/986029534741839872

業者側の都合ということで返答が遅れたのまでは良いのですが、最終的には出金拒否。

長時間待たせた挙句、出金拒否ということでFXopenのFX業者としての信頼性はかなり低い方であると言えます。

3.FXopen(FXオープン)の2つの特徴・メリット

FXopenの最大のメリットはECN口座のスプレッドがかなり狭く、取引手数料も業界最安値ということで、スキャルピングや短期トレードに最適な口座タイプであると言うこと。

他にもFXopenの口座タイプは3つありますが、中でも使えるのはECN口座だけ。

ただ、裏を返せばFXopenのメリットとしては、ECN口座が優れているというその一点のみだとも言えます。

3-1.ECN口座はスプレッドがかなり狭い

FXopen(ECN口座)と他社のスプレッド平均値を比較

海外FX業者名FXopen(ECN口座)XM(スタンダード口座)TitanFX(ゼロスタンダード口座)
スプレッド平均0.35pips2.7pips1.8pips

※各社スプレッド平均値には取引手数料を含みます。

ECN口座のスプレッド平均値は、他の海外FX業者の口座タイプと比較してもかなり低い方です。

日本でもっとも利用されているXMの口座タイプと比較してもその差は歴然。

また、スプレッド平均値が低いと短期トレードをする方には大変有利に働くので、FXopenの利用を検討されている方はECN口座を活用した方が良いでしょう。

3-2.取引手数料が海外FXのECN口座の中でも最安値

FXopen(ECN口座)と他社の取引手数料を比較

海外FX業者名FXopen(ECN口座)TradeView(ICL口座)AXIORY(ナノスプレッド口座)
取引手数料1.5$(0.15pips)2.5$(0.25pips)3.0$(0.3pips)

※取引手数料は片道の数値となります。

取引手数料に関しては海外FX業界最安値と言われているだけあってか、他のスキャルピングにおすすめとされている業者と比較してもかなり低い数値となっています。

FXopenのECN口座であればスプレッド平均値と取引手数料を足しても0.35pips程度にしかならず、かなり狭い数値だと言えますね。

4.FXopen(FXオープン)に関する評判・口コミ

FXopenのネット上における評判や口コミは、結論からいってあまり良くありません。

過去に出金拒否などの事例が挙がっているため、現在の利用者の中にも(出金拒否があるのでは…)といった不安感が感じられます。

海外FXを行うにあたり利用する業者選びは大変重要なことなので、過去に一度でも出金拒否などが挙げられている場合は、利用しないことをおすすめします。

4-1.良い口コミ

FXopenでは口座開設が無料となっており、どの口座タイプでも自由に選べます。

口座開設までに時間がかからないというのも、FXopenのちょっとしたメリット。

そのため、中・上級者の方の中には(取り敢えず口座作っておくか)といったフランクな感じで作る人が多い傾向にあります。

FXopenで唯一入出金手数料がかからないのがBitcoinです。

Bitcoinをメインに活用している方からすると、FXopenを利用する価値はあるかもしれませんね。

4-2.悪い口コミ

残念ながらFXopen公式サイトは、日本語非対応となっています。

海外FXと聞くと(英語ができないといけないのか)と勘違いする人が多いですが、基本的にはどの業者も日本語対応しているところが多いです。

また、今はGoogle翻訳もあるのであまり気にすることもないのかもしれませんね。

FXopenではSMS認証が必須らしいですね…。
海外FX業者の中にはマイナンバーカードが必要な場合もあるので、必ずアカウント登録する際には詳細を確認するようにしましょう。

FXopenでは自動売買もできるらしいけど、あまり稼げないようですね。

EAとは自動売買取引システムのことでFXではよく使われる取引手法の一つです。

ただ、必ず利益が出る訳ではないので利用する際には注意が必要です。

FXopenは国内銀行送金に対応していないので、入出金が他の業者と比べてとても不便な特徴があります。

FXopenに限らず海外FX業者を利用する際には、入出金方法の詳細までしっかりと確認しましょう。

FCA(Financial Conduct Authority)とは、イギリスの金融監督庁が発行している金融ライセンスになります。

世界でもっとも取得が難しく、信頼性が高い金融ライセンスとされていますね。
FXopenの親会社が取得していますが、日本人の場合はNevisが適応されます。

この方はFXopenの出金拒否を危惧されていますね…。
実際にFXopenでは出金拒否が過去に起こっているので、利用されている方は注意した方が良いです。

5.FXopen(FXオープン)に関するQ&A

FXopenは利用がおすすめできない海外FX業者の一つですが、それでもECN口座を活用してスキャルピングトレードしてみたい方は検討の余地があると言えます。

とは言え、海外FX初心者が選べるような業者ではありませんので(こんな業者もあるのだな…)程度に覚えておくと良いでしょう。

また、既に現在利用されている方でFXopenに関してここで取り上げてない内容で聞きたい事がある方は、直接FXopen公式サイトから問い合わせてみてください。

5-1.FXopenでは追証があるって本当ですか?

FXopenの公式サイトでは追証なしと明記されていますが、実際に直接問い合わせた人の話によると追証が行われるケースもあるとのこと。

FXopenでは一応、金融ライセンスが取得されているようですが、利用者の間ではあまり良い噂がないので不安な方は活用しないことをおすすめします。

5-2.FXopenにはお問い合わせ先はありますか?

FXopen公式サイトから行う事ができます。

ただし、FXopen公式サイトは日本語非対応となっており、問い合わせ内容を書く際には基本的に英語表記となります。

英語があまり得意ではない方からすると、FXopenに直接問い合わせを行うのはハードルが高いと言えますね。

5-3.FXopenには口座開設ボーナスなどはありますか?

FXopenでは口座開設ボーナスとして10ドルがプレゼントされます。

受け取りの条件としては口座を開設するだけなので、誰でも受け取り可能です。

5-4.FXopenには無料で使えるデモ口座はありますか?

FXopenではデモ口座が無料で利用できます。

デモ口座の開設手順

  1. FXopen公式サイトを開く
  2. 最初にMT4のダウンロードを行う
  3. インストール後、MT4を開きメニューから”デモ口座申請”を行う
  4. FXopenの“Demoサーバー”を選択する
  5. 個人情報を入力する

5-5.FXopenでは過去に出金拒否の事例はありますか?

FXopenでは残念ながら過去に出金拒否の事例が挙がっています。

海外FX業者選びにおいて過去に一度でも出金拒否の事例が挙がっている場合は、その業者を利用しないことをおすすめしています。

6.まとめ|FXopen(FXオープン)は出金拒否のリスクが高いので使うな!

結論をまとめるとFXopenは信頼性・安全性が低く危険な業者だから、利用はおすすめしないと言えます。

理由としては主に3つ。

  1. 過去に出金拒否の事例が挙がっている
  2. 公式サイトが日本語非対応な上に、日本人の利用者が少ない
  3. 公式サイトでは追証なしといっておきながら、追証があるケースがある

また、FXopenを実際に利用されている人の口コミや評判をみても、ネガティブな意見が多くおすすめできない業者だといえます。

これから海外FXにトライする方で信頼性・安全性が高い業者をお探しの方には、XMをおすすめしていますので、是非とも検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です