FXDDはオワコン!10つのデメリット・悪評【落とし穴】

FXDDを利用したら最後!最悪な結末を迎える10つのデメリット・悪評

ネット以上でFXDDっていう業者の名前を聞いたんだけどどうなのかな?キャンペーンもやってるみたい!
キャンペーンに騙されないで!FXDDは様々なトラブルが報告されている危険な業者です!

おそらく今この記事を読んでいるあなたも、FXDDが一体どんな業者なのか知りたい。

もしくは、キャンペーン内容に惹かれてFXDDに興味を持ったのではないでしょうか。

結論から言うと、FXDDは信頼性・安全性が低い危険な業者。

何も知らずに利用してしまうと、預けた資金が全て消失してしまう可能性もあります。

この記事では、 FXDDについて最悪な10つのデメリットと悪評について詳しく解説。

キャンペーンに惹かれ大損してしまわないためにも、この記事で危険性について理解しておくべきでしょう。

1. FXDDとは信頼性・安全性の低い無登録業者

FXDDとは信頼性・安全性の低い無登録業者

運営会社 FXDD Bermuda Limited
設立 2002年
金融ライセンス 無し

FXDDは、2002年にアメリカのニューヨークで設立された海外FX業者。

結論から言うと、FXDDは金融ライセンスを持たない無登録業かつ、様々なトラブルが報告されているため、信頼性・安全性が低い業者。

そのため、この記事を読んでいるあなたには、絶対にオススメできません。

FXDDの利用を考えている方は今すぐにでも考え直すべきでしょう。

特に初心者の方は、海外業者を選ぶなら人気が高く評判も良いXMがオススメです!


FXDDのスペック

最大レバレッジ 500倍
ロスカット水準 50%
最低入金額 2万円
ロット単位 1lot=10万通貨
最小取引量 0.01lot(1000通貨)
最大取引量 50lot(500万通貨)
口座維持費 無料
通貨ペア 54種類
両建て
日本語サポート
ボーナス 不定期で開催

2. FXDDの最悪な10つのデメリット

結論から言うと、FXDDの利用はオススメできません。

その理由として大きな部分が、信頼性・安全性・スペック、全ての面が最低だからです。

海外業者選びにおいて大切な基準は、信頼性・安全性が高いかどうか。

FXDDの利用をお考えの方は、10つのデメリットから危険性について十分に理解しておくべきでしょう。

2-1. 顧客に多額の借金を追わせたことがある

FXDDは、追証なしのゼロカットシステムが採用されています。

しかし、2015年1月に発生したスイスフランショック時、ゼロカットが追いつかず、顧客に多額の借金を追わせてしまった事件があります。

実際、XMやAXIORYなど他社ではしっかりと顧客の損失を補填する対応を行っています。

一方、ゼロシステムを採用しているのに関わらず、顧客の損失を無視したFXDDの対応には、かなり信頼性の低さを感じます。

安全に利用するにはXMやAXIORYなど、良心的な対応の業者を選ぶべきですね。

2-2.無登録業者なので信頼性が低い

FXDDは、金融ライセンスを持っていない無登録業者。

実は、過去にマルタや米国のライセンスを所持していましたが、

  • ライセンス基準となる資本金をごまかした事による違反
  • スイスフランショック後の悪対応

などが原因で全て剥奪されてしまいました。

最低限、金融ライセンスの基準を満たせないため、信頼性が非常に低く感じてしまいます。

2-3. 顧客資金の補償が無いため安全性も低い

FXDDでの顧客の資金管理状況は分別管理のみ。

信託保全は設けられていないため、ユーザーの預けた資金には何も補償がありません。

そのため、万が一、FXDDが倒産する事になっても、預けていた資金が戻ってくる見込みがありません。

ただでさえ、信頼性の低い業者なので資金を託すことは危険に感じます。

資金補償のある安全性の高い業者で選ぶなら、

AXIORY→全額補償
XM→100万ドル(約1億円)
TradeView→35,000ドル(約380万円)

などの業者がオススメです!

2-4. 全口座タイプのスプレッドが広い

FXDDと他社のスプレッド比較

  ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル
LANDFX 0.8pips 1.5pips 1.8pips 1.6pips 0.8pips
GemForex 1.2pips 1.4pips 1.9pips 1.6pips 1.2pips
TitanFX 1.33pips 1.74pips 2.45pips 2.12pips 1.2pips
Milton Markets 1.7pips 1.6pips 2.3pips 1.8pips 1.7pips
AXIORY 1.5pips 1.7pips 2.7pips 2.1pips 1.3pips
Bigboss 1.5pips 1.9pips 2.5pips 1.8pips 1.7pips
iFOREX 0.9pips 1.7pips 2.5pips 3.5pips 0.8pips
HotForex 1.7pips 1.7pips 3.0pips 2.3pips 1.2pips
TradeView 1.8pips 1.9pips 2.3pips 2.6pips 1.7pips
XM 1.6pips 2.6pips 3.5pips 3.0pips 1.6pips
FXpro 1.8pips 2.4pips 3.6pips 3.0pips 1.7pips
FBS 2.0pips 3.0pips 4.0pips 3.0pips 1.1pips
TradersTrust 2.0pips 3.2pips 3.7pips 3.5pips 1.8pips
FXDD 2.3pips 3.0pips 3.8pips 3.5pips 1.8pips
instaforex 3.0pips 3.0pips 7.0pips 8.0pips 3.0pips

※表をスクロールして詳しく見る

※スタンダード口座の平均値で比較。
赤字=比較上の最大値

比較して分かるとおり、FXDDのスプレッドはかなり広く設定されています。

スプレッドが一番狭いLANDFXと比較すると、平均1.6pips程も差があります。

さらに、FXDDではスプレッドの狭いプレミアム口座も準備されていますが、こちらもスプレッドが広くなっています。

プレミアム口座と他社ECN口座のスプレッド比較

  ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル 手数料往復
TradeView
(ILC口座)
0.6pips 0.9pips 1.0pips 1.0pips 0.6pips 5ドル
(0.5pips)
Tickmill
(VIP口座)
0.4pips 0.9pips 1.3pips 1.1pips 0.4pips 2ドル
(0.2pips)
MiltomMarkets
(プレミアム口座)
0.9pips 0.9pips 1.8pips 1.2pips 0.9pips 8ドル
(0.8pips)
AXIORY
(ナノスプレッド口座)
0.8pips 1.0pips 1.3pips 1.3pips 0.8pips 6ドル
(0.6pips)
LANDFX
(ECN口座)
0.59pip 1.5pips 1.8pips 1.6pips 0.8pips 7ドル
(0.7pips)
FxPro
(cTrader)
1.3pips 1.3pips 1.6pips 1.3pips 0.9pips 9ドル
(0.9pips)
XM
(ZERO口座)
1.1pips 2.1pips 1.1pips 1.3pips 1.6pips 10ドル
(1.0pips)
TitanFX
(ブレード口座)
1.03pips 1.44pips 2.15pips 1.82pips 0.9pips 7ドル
(0.7pips)
HotForex
(ZERO口座)
1.0pips 1.6pips 2.2pips 2.2pips 0.9pips 8~12ドル
(0.8~1.2pips)
FXDD
(プレミアム口座)
1.9pips 2.4pips 7.9pips 2.4pips 1.6pips 約6~10ドル
(0.6~1pips)

※表をスクロールして詳しく見る

※取引手数料(往復)を上乗せしたスプレッド値を表示
赤字=比較上の最大値 緑字=比較上の最小値
※1pips=1銭(0.01円)

他社と比較すると差は歴然。

一番スプレッドの狭いGemforexのノースプレッド口座と比較すると、平均2.7pipsもの違いがあります。

そのため、FXDDでは取引コストが高くなり、他社に比べトレードで不利になるでしょう。

信頼性・安全性の他にも、大前提としてスペック面で他社に劣るとなると、もはや利用する価値は感じられないね…

2-5. ロスカット水準が高い

FXDDのロスカット水準は証拠金維持率の50%以下と比較的高く設定されています。

証拠金維持率が高いことは、その分、”損失”が確定しまう確率が高くなると言うデメリットがあります。

海外業者では基本的に、ロスカット水準は30〜20%が平均。

中には0%の業者もあることから、証拠金ギリギリまで取引したい方にとっては不利に感じるでしょう。

ロスカット水準が低い業者が好みの方は、

・iFOREX→0%
XM→20%
AXIORY→20%

などの業者がオススメです!

2-6. 最低入金額が高く初心者には厳しい

FXDDでの最低入金額は、

  • スタンダード口座:250ドル(約25000円)
  • プレミアム口座:1000ドル(約10万円)

と、かなり高く設定されています。

そのため、初心者などリスクを抑え少額から取引したい方には、ハードルが高く感じてしまうでしょう。

少額から取引したい方は、

XM→約500円〜
・Hotforex→約500円〜
Gemforex→約1000円〜

などの業者がオススメです!

2-7.出金手数料が高い

FXDDでは100ドル(1万円)以下の出金には一律、25ドル(約2500円)の手数料が発生します。

さらに、月に2回目以降の出金には40ドル(約4400円)の手数料が発生してしまいます。

特に、海外銀行送金の場合、リフティングチャージで4000円ほどプラスで手数料が取られるため、一回の出金で約8000円もかかることになります。

これだけ手数料が高いことを考えると、FXDDからの出金はせいぜい月に一回まででしょう…


こまめに出金できないことは資産管理もしにくいね…

2-8.入出金時にかかる送金スピードが遅い

出金手数料が高いだけでなく、FXDDは入金・出金時にかかる送金スピードも遅いというデメリットも。

通常、他社ではクレジットカードやbitwalletなど、最短即時で入金可能です。

しかし、FXDDではどの手段でも送金には最短でも1営業日かかってしまいます。

これだと即日取引することは難しそうだね…

2-9. 3ヶ月間取引がなければ口座維持費が発生

FXDDでは3ヶ月間、取引しなければ口座残高から3000円の口座維持費が引かれます。

口座維持費が引かれるタイミングは年4回、

  • 1月1日
  • 4月1日
  • 7月1日
  • 10月1日

仮に、FXDDで取引を行わなくなれば、資金を全て出金しておくべきでしょう。

2-10. MAMの手数料も高い

FXDDではMAMと呼ばれる、プロのトレーダーに資金を運用してもらえる、サービスを行っています。

要は「人間版自動売買」のような仕組みで、FX経験のない初心者でも利益を狙えるという内容です。

しかしこのMAM、トレーダーの審査が甘く、ネット上では実際に大きな損失を受けたとの評判も見られます。

おまけに、手数料も30%と非常に高く、FXDD自体の信頼性も低いためオススメできません。

3. FXDDのリアルな評判・口コミ


ゼロカットシステムの採用を謳っておきながら、顧客に借金を負わせた。信頼性に欠ける最悪な対応ですね。


ゼロカットに関しては本当に信頼性が低く感じるんね…海外業者は特にレバレッジが高いから非常に危険かも!

海外業者は信頼性・安全性の高さで選ぶことが一番ですね…


スプレッドも広いとなると、使うメリットはないかも…

「いざトレード!」って時にすぐ取引できないのはストレスを感じるね…


送金スピードが遅いと、本当に反映されているか不安に感じるね…

MAM運用に関しても悪い噂が絶えませんね…

まとめ|FXDDは信頼性・安全性・スペックが最低なので利用すべきでない!

FXDDは信頼性・安全性が最悪。

おまけに、スペックも低いので本当にオススメできません。

海外業者には詐欺やトラブルの絶えない業者も多いため、安全に利用をするためには「業者選び」が大切になります。

業者選びにおいて大切になる基準は、信頼性・安全性が高いかどうか。さらに、実際のユーザーが体感した評判も参考にしてみると良いでしょう。

この記事を最後まで読んだあなたが、悪質な業者に引っかからず、本当に安全に利用できる業者を見つけることができれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です