IronFX(アイアンFX)は詐欺認定!危険な6つのデメリット・悲惨な評判

IronFX(アイアンFX)は詐欺認定!危険な6つのデメリット・悲惨な評判

IronFXは2014年に日本から完全撤退したけど、その後どうなったのかな…?
金融庁の警告により日本での金融ライセンス取得が難しくなったため、今はまた海外FX業者としてサービスを開始していますね。

おそらく今この記事を見ているあなたも、海外FXでのIronFXの利用に興味をお持ちなのではないでしょうか。

正直に言うと、IronFXは詐欺疑惑や出金拒否の事例が多く、信用リスクが高いので絶対に利用しない方が良いです。

日本以外でも様々な不祥事を起こしている実例ある上に、出金拒否等が今もなお起こっていることなどが大きな理由です。

現在は信用回復のために様々な取り組みを行っていますが、日本人FXトレーダーの中では今も尚評判は悪いと言えるでしょう。

そのため、結論としてはIronFXのような危険性のある業者ではなく、安全性・信頼性の高いサービスを投げ年提供している大御所業者がオススメです。

この記事ではIronFXに関する過去の不祥事や現在の取り組みなどに関して詳しくまとめていますので、是非とも参考にしてみてください。

この記事の結論!
IronFXは過去のサービスやネット上の意見からも危険性が高いと言えます。
安全に海外FXで取引したい方はTitnFX」や「AXIORY」など、信頼性・安全性の高い業者を利用すべきです。

もくじ

1.IronFX(アイアンエフエックス)とは日本から撤退した不評の多い海外FX業者

IronFX(アイアンエフエックス)とは日本から撤退した悪徳海外FX業者
運営会社8Safe Limted
代表者不明
本社所在地2, Iapetou Str., Agios Athanasios, 4101 Limassol, Cyprus
設立2010年
資本金非公開
金融ライセンスFCA (585561) • ASIC (417482) • FSB (45276) • CySEC (125/10) 

(出典:http://xn--fx-3s9cv33d4zcy5ce65ckcz.com/broker/ironfx/

IronFXは2014年1月時点で完全に日本国内から撤退しており、国内の営業所は全て営業停止となっていて今は既に存在しません。

当初は評判も良く国内FX業者になろうと頑張っていましたが、2012年6月に金融庁から警告を受けた辺りから雲行きが怪しくなりました。

現在はまた海外FX業者として活動を再開。

また、日本人がIronFXを利用する際には、Balvento Limited社が運営するバミューダアカウントが作成されます。

同時にバミューダ金融当局(BMA)の規制・監督を受けることになりますね。

2010年に設立されたIronFXの本社は現在キプロスにありますが、その配下には4つの子会社が存在しておりバミューダはそのうちの一つ。

キプロス、バミューダ以外にもイギリス、オーストラリアにも現在IronFXの子会社が存在しています。

2.IronFX(アイアンエフエックス)5つのデメリット

結論から言ってIronFXは日本人の投資家の方には、おすすめできない海外FX業者です。

2014年1月に日本から完全撤退する際には、投資家に対する事前告知も全くなく、強制的に3つの事が行われました。

  1. 全ての新規(または追加)口座開設停止
  2. トレードに使っていた口座の利用停止
  3. 保有しているポジションの強制決済を実行

特に保有しているポジションの強制決済を実行された事が、一部の投資家にはかなりの痛手となった方もいたようです。

FX業者にとってサービスを利用している投資家は

  • 大切なビジネスパートナー
  • 顧客

であるにも関わらず、予告なく実行されたことから日本国内では、かなりの信用を失っています。

2-1.2012年6月に金融庁から警告を受けている

IronFXは日本でも大変人気の海外FX業者の一つでもあった時期もありました。

しかし、一部の投資家の中では出金拒否などの被害が出ていたとの情報もありました。

業者自身の利益だけを考えて投資家の利益を考えずに出金拒否する海外FX業は以外にも多いので、必ずそのようなサービスは利用しないようにしましょう。

IronFXも例外ではなく悪評が表立ったこともあり、2012年6月に金融庁から警告を受けています。

実際、金融庁から警告を受けた海外FX業者は多数ありますが、IronFXでは本当に”危険性がある”とこの一件からも判断もできます。

2-2.日本で金融ライセンスが取得できなかった理由から完全撤退

IronFXは金融庁から警告を受けた後、2014年1月に日本から完全に撤退することを表明。

日本からの撤退に関しては当時サービスを利用していた投資家たちには、一切事前告知がされませんでした。

新規口座や追加口座の開設はもちろん停止となり、保有しているポジションは全て強制決済。

横暴とも取れる行為を予告なく実行したとして、投資家の間ではかなりの大混乱を招きました。

完全撤退するにもやり方がかなり悪どいということで、日本国内でのIronFXの信用は地に落ちていると言っても過言ではありません。

2-3.日本人は自動的に安全性が低いバミューダアカウントとなる

2015年2月にはまた海外FX業者として活動を再開しており、今でも日本国からの利用は可能となっています。

ただ、日本から利用する際には今は全てのアカウントがBalvento Limited社が運営するバミューダアカウントとして登録されます。

日本人はバミューダアカウントがデフォルトとなっているため、現在は他のIronFXの子会社が運営する拠点のアカウントを持つ事ができません。

また、拠点となっているバミューダにおける金融ライセンスには登録されているものの、安全性に対してはかなり低い方なので注意が必要。

2-4.信用リスクが極めて高い【中国オフィスが襲撃された】

日本国内からの事前予告なしの完全撤退だけが、IronFXの不安要素ではありません。

お隣中国でもIronFXは30億円ほどの未払いが発生しており、中国の投資家の間では各支店で暴動まで起きています。

事件後は中国にあったIronFXオフィスの閉鎖と、従業員約600名の解雇処分を実行。

その他にもポーロランドやハンガリーでは中央銀行から警告を受けており、コロンビアでは金融ライセンス無登録での活動理由から、営業停止処分を言い渡されています。

日本国内だけに止まらず世界中で大なり小なり事件を起こしているIronFXは、かなり信用リスクが高いと言えますね。

2-5.信託保全は対象外

IronFXを日本人が利用するにあたりデフォルトでバミューダアカウントになるのですが、運営しているBalvento Limited社は分別管理していません。

日本国内のFX業者であれば万が一会社が倒産しても良いように、投資家の保証金を守ために信託銀行を利用して信託保全に勤めるのが常識。

しかしながら、海外FX業者の場合は信託保全が行われていないところがほとんどであり、IronFXも例外ではないのです。

信託保全・資金補償のある安全性の高い業者!
TitanFX:全額信託保全
AXIORY:全額信託保全
XM:100万ドルまでの資金補償
TradeView3万5000ドルまでの資金補償

2-6.海外最大級のFX掲示板でSCAM認定(詐欺業者認定)されている

IronFXは日本国内の評判もさることながら、海外でもSCAM認定されているほど良くありません。

実際に海外最大級のFX掲示板では明確にSCAM認定されており、投資家の間では注意勧告が行われています。

世界中の投資家の間で

  • おすすめできない
  • 詐欺業者だ!
  • 金返せ!

と言われている訳ですから、どれだけIronFXの利用がおすすめできないのかがお分かりいただけると思います。

3.IronFX(アイアンエフエックス)4つの特徴

  1. 利用可能口座が6種類あり、それぞれスペックが大きく異なる
  2. 日本人向けのバミューダアカウントにはボーナスがある【DD口座のみ】
  3. 日本語サポートがとても高品質である
  4. 業界トップレベルのスワップポイントである

IronFXは2015年から再度日本人に対するサービスの再開を行っています。

しかしながら、一度地に落ちた信用は回復されず一部の投資家の中ではいまだに

「信用にかける海外FX業者だ!絶対おすすめしない!」

と言っている方も…。

世界的に信頼性を失っているIronFXですが、近年は信頼性がもっとも高いと言われているイギリスの金融ライセンスの登録に成功。

その他にもスペインで有名なサッカーチーム”バルセロナFC”との公式パートナーシップを提携するなど、信用回復のために様々な取り組みを行っています。

とは言え、信用リスクの高さが非常に目立つため、基本的にはIronFXの利用はおすすめしません。

3-1.利用可能口座が6種類あり、それぞれスペックが大きく異なる

<口座スプレット比較>


ライブ変動ライブ固定ライブゼロスプレッドSTP/ECN手数料なしSTP/ECNゼロスプレッドSTP/ECNAbsoluteZero
口座開設維持手数料無料無料無料無料無料無料
取引手数料無料無料9ドルから※無料6.75ドル※無料
スプレッド変動固定変動変動変動変動
取引形態DD方式DD方式DD方式STP方式 または ECN方式STP方式 または ECN方式STP方式 または ECN方式
レバレッジ最大1,000倍最大1,000倍最大500倍最大200倍最大200倍最大200倍
通貨ペア83銘柄51銘柄73銘柄56銘柄73銘柄73銘柄
最小取引単位0.01Lotまたは0.1Lot0.01Lotまたは0.1Lot0.01Lot0.01Lot0.01Lot0.01Lot
最大取引数量※無制限無制限無制限60Lot60Lot60Lot
最大ポジション数無制限無制限無制限無制限無制限無制限

※表をスクロールして詳しく見る

※取引手数料は10万通貨あたりの片道手数料です。また、最大取引数量は1注文あたりのLot数になります。

IronFXには6種類の利用口座があるため、利用する際には十分にスペックを確認した上で判断するようにしましょう。

中でもおすすめは、STP/ECNAbsoluteZero口座。

理由としては取引手数料なしにも関わらず、DD方式ではなくSTP方式(またはECN方式)で取引ができるところにあります。

その上、通貨ペアは73種類ととても多いです。

※DD方式とは?:Dealing Desk(ディーリングリスク)の略語。海外FX業者と投資家の相対取引を意味する。投資家の不利益はFX業者の利益となる仕組み。

※STP方式とは?:Straight Through Processingの略語。直訳の意味としては”注文が直接市場に流れる”となります。

3-2.日本人向けのバミューダアカウントにはボーナスがある【DD口座のみ】

日本人がIronFXを利用して取引を行う場合、全てバミューダアカウントになります。

バミューダアカウントでは日本人向けのボーナスが用意されていますが、実際にボーナスを受け取る事ができるのは2つの口座のみ。

  • ライブ変動口座
  • ライブゼロスプレッド口座

その他の口座を利用する際には、ボーナスは受け取る事ができないようになっているので、これから始める方は注意が必要です。

3-3.日本語サポートがとても高品質である

IronFXの公式サイトは元々日本の金融ライセンス取得を目指していたこともあってか、かなり日本語でのサポートが充実しています。

電話対応に関しても日本人スタッフが対応してくれる他、公式サイトの日本語明記もかなり分かりやすくなっています。

ただ、対応が遅いと言った口コミもあるため一概には良いとは言えません。

3-4.業界トップレベルのスワップポイントである

スワップポイント(金利差調整分)とは、2国間の金利差から得られる利益のことを意味します。

IronFXのスワップポイントは業界の中でもトップレベルの数値。

基本的にスワップポイントの数値が良いと、長期間のトレードにはかなり有利とされています。

しかしながら、IronFXの場合は信用リスクがあまりにも高すぎるため、いくらスワップポイントが高くても利用はおすすめできないと言えるでしょう。

4.IronFX(アイアンエフエックス)のリアルな評判・口コミ

IronFXのTwitter上の評判や口コミを見てみると最近のものであれば、信用が回復してきているのかあまりネガティブな悪い口コミは見当たりませんでした。

ただ、残念ながら過去の不祥事があまりにも多すぎて、過去の口コミを掘り返してみるとかなりネガティブな意見が多い印象です。

総合評価的には”おすすめできない海外FX業者の一つ”となりますが、IronFX自体も信用の回復に全力を注いでいる動きがあるので、今後に少し期待したいところ。

4-1.悪い口コミ

2020年現在において日本国内にIronFXの日本法人会社があるようです。

あくまでも噂であり本当に存在するかは分かりませんが、国内での不祥事は今も投資家の中では忘れられない事件として脳裏に焼きついている人が多そうです。

金融庁の”無登録で金融商品取引業を行う者の名称等”に、IronFXもピックアップされています。

基本的に過去一度でも投資家の証拠金が出金できないような事例がある海外FX業者は、利用しないのが賢明と言えるでしょう。

Twitter上では海外FX業者をフォロワーに紹介して、アフィリ報酬を得ようと考えている人も多くいます。

紹介している人が海外FXに詳しいプロの投資家であれば良いのですが、浅い知識でアフィリエイト報酬目当てだけで紹介いている場合があるので注意が必要です。

IronFXに限らず海外FX業者の多くはゼロカットという、残高がマイナスにならないような仕組みが設けてあります。

例えマイナスになったとしてもFX業者が負担してくれるので、心配する必要はありません。

とは言え、FXはあくまでも投資でありリスクは常につきもの。しっかりとリスクを考慮した上で始めるか判断しましょう。

日本の投資家の間では既に”IronFX=詐欺業者”という認識があるようですね…。

IronFXが過去犯した事件を挙げたら大半の人が利用を躊躇するでしょう。

実際に今は信用が回復傾向にありますが、信用リスクは以前高いままとなっているので、利用者が今後増えることはないと思われます。

4-2.良い口コミ

IronFXは5つの大陸にオフィスを構えている、今もなお巨大な海外FX業者の一つ。

会社の吸収合併などを繰り返しているところも一部の子会社であるようですが、積極的に信用回復と業績向上を目指している動きが伺えます。

日本国内からは2014年に完全撤退していますが、その後も海外FX業者として日本人に対してサービスを提供しています。

元は日本にもオフィスを構えていたFX業者ということもあってか、日本人の投資家に対するサポートは手厚いようですね。

ホワイトラベル(White Label))とは、ある企業が生産した製品を他の企業のブランド名で売る仕組みのことを指します。

IronFXは腐っても大手の海外FX業者なので、他社に対してシステムや技術の提供などのことはやっていそうですね。

5.IronFX(アイアンエフエックス)に関するよくあるQ&A

IronFXに関する質問事項はネット上にはかなり多いです。

特に問い合わせ先に関してや過去の出金できなかった事例などに関して、多くの人が気になっている状態。

結論からいってIronFXの利用はおすすめできないと共に、海外FXをこれから始める方は中には詐欺業者もいるという事で良い参考例になるのではないでしょうか。

5-1.IronFXで1年前から出金を依頼しているのに一向に出金されません…

IronFXで出金依頼しているにも関わらず出金手続きを進めてくれない場合は、直接公式サイトから問い合わせてみてください。

ただ、実際に問い合わせた投資家もいるのですが、一向に連絡が返ってこなかったりなどのケースも…。

現時点で利用を検討されている方は、IronFXは利用しないことをおすすめします。

5-2.IronFXで口座開設すると入金せずともボーナスが貰えるって本当ですか?

IronFXは入金しないとボーナスは貰えません。

IronFXのボーナスの種類としては主に3つ。

  • シェアボーナス:100%入金ボーナス
  • パワーボーナス:40%入金ボーナス
  • アイアンボーナス:20%入金ボーナス

※例:10万円入金したらボーナス10万獲得(100%入金ボーナスの場合)。

5-3.IronFX以外に追証のない海外FX業者を教えてください

基本的にIronFXのような、海外FX業者と呼ばれている業者には”追証”がありません。

ゼロカットが有効化されているので、国内のFX業者よりもリスクは低いとされていますが、海外FX業者の中には詐欺業者も多いため注意が必要。

そのため、海外FX初心者の場合は、信頼性・評判が抜群の”XM”の利用が一番おすすめです。

XMだとIronFXとは違い信用リスクも低く資金保証ありの上、評判も非常に良いので。

5-4.IronFX以外におすすめの業者はありませんか?

IronFX以外だとおすすめできる海外FX業者は主に2つ。

  1. 資金保証アリ・評判も良い:XM
  2. 全額信託保全:AXIORY

全くの海外FX初心者の方はいきなり現金で行うのはかなりリスキー。

なので、まずはデモ口座を活用してトレードに慣れることから初めてみてください。

まとめ|海外FXを始めるなら安全性・信頼性の高い業者を選ぶべき!

結論から言うと、IronFXは出金拒否の評判が多く、大手掲示板でも詐欺認定されているので利用はおすすめできません。

これだけ悪評が多いとなると、もしあなたが利用た場合にも同様の被害を受ける可能性は高いと言えるでしょう。

実際、海外FXのはIronFX以外にも悪質な詐欺業者はたくさんあるので注意が必要です。

そのため、海外FXを始める際は信頼性・安全性の高い業者を選ぶ事が鉄則です。

信託保全・資金補償のある安全性の高い業者!
TitanFX:全額信託保全
AXIORY:全額信託保全
XM:100万ドルまでの資金補償
TradeView3万5000ドルまでの資金補償

海外FXの中で、特に信頼性・安全性の高い業者は3つ。

どの業者も、ライセンス・信託保全(資金補償)を持っており、長年のサービス提供実績もあるため信頼性・安全性が高いと言えます。

さらに、評判に関しても悪い噂が少ないので、実際の利用者も満足している人が多いと言えるでしょう。

詐欺の噂がある怪しい業者を利用してお金を盗まれたくなければ、信頼性・安全性の高い業者で始めることを絶対にオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です