【辛口】TitanFX(タイタンFX)の最悪な評判・危険な3つのデメリット! | 海外FXのバイブル

【辛口】TitanFX(タイタンFX)の最悪な評判・危険な3つのデメリット!

【注意】TitanFX(タイタンFX)のとんでもない3つのデメリット・悪評!

TitanFXってどんなメリットやデメリットがある業者?ズバリ、どんな人にオススメなの?
TitanFXはスプレッドが狭く約定力も高いのでスキャルピングに向いていると言われていますよ!その他にも様々なメリットや注意すべき点もあります。

おそらく、今この記事を読んでいるあなたも、TitanFXがどんな業者なのか興味をお持ちのはず。

単刀直入に、この記事ではTitanFXの特徴・メリット・デメリットから本当に利用をオススメできる人を厳選。

もちろん、TitanFXにもメリットだけでなく利用する上でデメリットとなる部分や、実際のユーザーが感じた評判なども失敗しないために知っておくべき。

結論から言うと、TitanFXをオススメできる人は3つのタイプ。

この記事を最後まで読めば、あなた自身もTitanFXに向いているかどうか判断できるでしょう。

あなたがより納得できる海外業者を見つけ、充実した投資ライフを送って欲しいという思い出この記事を書きました。

1. TitanFX(タイタンFX)とはバヌアツのライセンスを持つ海外FX業者

TitanFX(タイタンFX)とはバヌアツのライセンスを持つ海外FX業者
運営会社 TI Securities Limited
設立 2014年
代表取締役 Audrius Bernotas
金融ライセンス バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)
40313

TitanFXは、南太平洋に位置する島国「バヌアツ」の金融ライセンスを持つ海外FX業者。

設立は2014年なので運営歴は5年と短めではありますが、運営陣がオーストラリアのFX業者PepperStoneの元メンバーであることからもベテラン揃い。

日本人にも知名度が高く、人気のある業者となっています。

TitanFXのスペック

最大レバレッジ 500倍
ロスカット水準 20%以下
マージンコール 90%
最大保有ポジション 200ポジション
最低入金額 2万円
ロット単位 1lot=10万通貨
最小取引量 0.01lot(1000通貨)
最大取引量 100lot
口座維持費 無料
通貨ペア 57種類
貴金属 6種類
資源 2種類
株式指数CFD 9種類
複数口座開設 お一人様6口座まで
両建て
スキャルピング
自動売買
日本語サポート
ボーナス 無し

2. TitanFX(タイタンFX)8つの特徴・メリット

TitanFX(タイタンFX)8つの特徴・メリット

正直、TitanFXには目立った特徴はありません。

しかし、全体的にバランスが良く、幅広いユーザーに適合可能な点がメリットと言えるでしょう。

実際、高い約定力やスプレッドが比較的狭いことから、取引コストを抑えたい方やスキャルピングで取引する方に高く評価されています。

2-1. 透明性の高いNDD方式が採用されている

TitanFX(タイタンFX)は透明性の高いNDD方式が採用されている

TitanFXでの取引はNDD(ノンディーリングデスク)方式が採用されています。

NDD方式とは、トレーダーが売買注文を出す際に、TitanFXの仲介をはさまざ直接インターバンクへ反映される取引方法です。

トレーダーの注文が業者に仲介されないことにより、業者側による意図的な決済操作や約定拒否が起こらない仕組みとなっています。

つまり、NDD方式を採用しているTitanFXは、より透明性が高くクリーンに取引できる業者であると言えるでしょう。

2-2. 追証なしで最大レバレッジ500倍の取引が可能

TitanFX(タイタンFX)は追証なしで最大レバレッジ500倍の取引が可能

TitanFXでは、最大レバレッジ500倍で取引可能です。

レバレッジ500倍となると例えば、

1ドル=100円時に最小取引量1000通貨を取引する場合、「100×1000通貨×500倍=5000万円」の取引が可能となります。

つまり、たった1000通貨(10万円)の資金でも500倍のレバレッジによって5000万円もの大金を動かすことが可能になるのです。

さらに、TitanFXでは追証なしのゼロカットシステムが採用されているため、暴落により証拠金を上回る損失が出た場合でも、借金は全て帳消し。

そのため、ハイレバレッジでの取引でも借金の不安なしに取引することが可能。

強制ロスカットも20%以下に設定されているため、証拠金のギリギリまで取引することができるでしょう。

2-3. 口座タイプは2種類選択できる

TitanFX(タイタンFX)は口座タイプは2種類選択できる
ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル 手数料
スタンダード口座 1.33pips 1.74pips 2.45pips 2.12pips 1.2pips
ブレード口座 1.03pips 1.44pips 2.15pips 1.82pips 0.9pips 7ドル
(0.7pips)

TitanFXで選択可能な口座タイプは、「スタンダード口座」「ブレード口座」の2種類。

スタンダード口座の場合は、取引手数料無しで売買することが可能。

ブレード口座の場合は、取引手数料が1lot往復で7ドルかかりますが、スタンダード口座に比べ狭いスプレッドで取引可能となっています。

スペックからどちらの口座がオススメできるか言うと、

  • スタンダード口座:裁量トレードで取引したい方(初級〜中級者)
  • ブレード口座:大口での取引やスキャルピングで取引したい方(中〜上級者)

と判断できるでしょう。

2-4. 約定力が高くリクオートが発生しない

TitanFX(タイタンFX)は約定力が高くリクオートが発生しない

TitanFXは約定力が高いことでも有名。運営陣も約定力の高さには自信を持っています。

それもそのはず、TitanFXのサーバーは世界の金融の中心であるニューユークのウォール街に位置しており、世界の主要銀行と光ファイバーによる高速回線で繋がっています。

さらに、最新テクノロジー”Zero Point”によって、高い流動性・狭いスプレッド・約定スピードが向上。

特に、約定力に関してはリクオートの発生を許さないレベルに。

そのため、運営による意図的なノミ行為(ストップ狩り・レートずらしなど)は発生しないと言われています。

業者側の意図的なノミ行為は発生しませんが、若干のスリッページが発生してしまうことはあるみたいですね。

2-5. 優秀なEAが無料で利用可能

TitanFX(タイタンFX)は優秀なEAが無料で利用可能

TitanFXでは自動売買が利用可能。様々なEAを無料で利用することができます。

特に、トレーダーの取引手法をそのまま真似できる「ZuluTrade」が人気。

初心者でも有名トレーダーの実践した手法を利用して取引できることからも、エントリータイミングや相場感など勉強することが可能です。

自動売買に興味がある方だけでなく、FX取引を上達させたい初心者の方にもうまく利用できるとより大きな成果があげられるでしょう。

2-6. 他社からの資金移動も楽々行える

TitanFX(タイタンFX)は他社からの資金移動も楽々行える

TitanFXでは「ブローカー間資金移動」が可能。他社から手数料無料で資金をそのままTitanFXの口座へ移せます。

利用できる業者は6つ。

  • Axiory(アキシオリー)
  • FXPro(エフエックスプロ)
  • FXCM(エフエックスシーエム)
  • FXDD(エフエックスDD)
  • MYFMarket(エムワイエフマーケット)
  • Alpari(アルパリ)

送金にかかる時間はそれぞれの業者で違いがありますが、約1〜3日で資金移動が可能です。

2-7. 資産管理の安全性が高い

TitanFX(タイタンFX)は資産管理の安全性が高い

TitanFXでは、オーストラリアの銀行(National Australia Bank)にて、顧客の資産と運営資産を分別管理しています。

特に、顧客の資産は信託口座にて管理されているため、万が一TitanFXが倒産する事態に陥っても預けていた資産は全額補償対象となります。

また、National Australia Bank(NBA)は150年以上の歴史を持つオーストラリアの中でも信頼性の高い銀行であるため、安全性も高いと言えるでしょう。

2-8. 本人確認なしで取引可能

TitanFX(タイタンFX)は本人確認なしで取引可能

TitanFXでは新規口座開設が非常に簡単。最短3分ほどで本人確認無しで取引することが可能です。

面倒な本人確認を行う必要がないことで、初心者やTitanFXを試しに使ってみたい方でも、口座開設を行えば即時、使い心地を確かめることができるでしょう。

TitanFXから出金を行う際には本人確認書類の提出が必要になります。

3. TitanFX(タイタンFX)の3つのデメリット

TitanFX(タイタンFX)の3つのデメリット

TitanFXでは、金融庁から警告を受けたことやライセンスの信頼性が低いことがネックに感じます。

また、ボーナスが一切実施されていないため、お得な業者ではないこともデメリットに感じる方がいるのではないでしょうか。

TitanFXの利用を検討している方は、より納得して使うためにもデメリットに関して十分理解しておくべきでしょう。

3-1. 金融庁から無登録業者として警告を受けたことがある

TitanFX(タイタンFX)は金融庁から無登録業者として警告を受けたことがある

TitanFXは過去に日本の金融庁から無登録業者として警告を受けたことがあります。

そのため、ユーザーとしては警告を受けたことで「信頼性や安全性に問題があるからなのでは?」と不安に感じる方も多いでしょう。

確かに、日本の金融庁から許可無しに国内向けのサービス展開を行なったことに関してはグレーではあります。

しかし、大前提として、金融庁からの警告はその業者が安全であるかと言う問題ではなく「金融庁が定めたFXのルールに従っている業者であるか」と言う判断基準。

実際、国内でFX業を行うためにはレバレッジ最大25倍や、ゼロカットシステム を実装しないなど、海外FXの良さが全てなくなるほど大幅に仕様を変更する必要があります。

そのため、ほとんどの海外業者では日本の金融ライセンスを取得していないため、警告を受けています。

そのため、仮にあなたが国内の金融ライセンスを重視するのであれば、国内FXを利用すべきといえるでしょう。

TitanFXだけでなく、多くの海外業者が金融庁から警告を受けているよね…
高いレバレッジや追証無しで取引できる魅力を捨ててまで、日本のライセンスを取得しようとする業者はいないでしょう…。

3-2. ライセンスの信頼性が低い

TitanFX(タイタンFX)はライセンスの信頼性が低い

TitanFXで一番ネックとなる部分が、所有しているバヌアツ金融ライセンスの信頼性が低いこと。

バヌアツライセンスを所有している理由としては、過去に日本の金融庁から警告を受けたことにより、影響力の観点からも日本と密接な国のライセンス所持ができないことが関わっています。

実際、他の業者でも日本の金融庁からの影響を逃れるために、キプロスやセーシェルなど規制の緩い国のライセンスを取得している場合が多くあります。

もちろん、マイナー国のライセンスだからといって安全性が低いわけではありません。

金融ライセンスは信頼性と言うより、日本の金融庁から規制対象になるかどうかで取得国が選べれているんだね。
バヌアツのライセンスを取得している業者だからといって、悪徳というわけではないので安心してください。

3-3. ボーナスキャンペーンが実施されていない

TitanFX(タイタンFX)はボーナスキャンペーンが実施されていない

TitanFXではボーナスキャンペーンが実施されていません。そのため、ボーナス狙いの方や初心者の方にとってはお得さはイマイチ感じられないでしょう。

しかし、TitanFXはボーナスを実施しない代わりに、狭いスプレッドを提供するという方針をとっています。

そのため、「ボーナスはいらないからその分スプレッドを狭くして欲しい!」というユーザーにはうってつけでしょう。

実際、ボーナスにコストをかけすぎている業者の多くはスプレッドが広いという難点があるよね…。
シンプルに取引に集中したいと言う方は、むしろ余分なボーナスコストをカットしたTitanFXがオススメかもしれません!

4. TitanFX(タイタンFX)の評判・口コミ

TitanFX(タイタンFX)の評判・口コミ
TitanFXは癖なく、どんな人でも利用しやすいというメリットが大きいですね。

無駄なボーナスが必要ない方(中〜上級者)には向いているかもしれないね。
サーバーが弱いのでしょうか?サーバ落ちに関する意見も少々ありますね。

TitanFXホントふざけてるなー。

海外FX業者のレバ変更事後報告って
まじで信頼なくす。

ポジション持ってたら強制ロスカットくらう可能性十分ある。

数十万で運用してるわけじゃないから
本当シャレにならんよ。

レバ規制本当ムカつく〜。笑

— ノマド社長®︎ (@pyaaaam) November 1, 2018

運営による一方的な仕様変更も起こったことがあるみたい…ちょっとユーザーファーストではない感じかも。

私も以前、TitanFXを使用していました。

使い始めの頃は良さげな口座だな〜って思っていたのですが、クソ業者でした。ストップロスの設定位置に届いてもいないのにストップロスが発動して損切りがあったり、ライブチャットの対応もクソでした。 https://t.co/5ZFTq8EAFO

— ファルコン (@FX30156350) October 16, 2019

ノミ行為が発生しない謳っているけど、ユーザーによってはストップロスが発生したとの意見も見られますね…

懸念される出金はしっかりできているとの意見もあるね。

さて、TitanFXがMT5対応になったね。早速、、、10000円チャレンジ行きます‼️ pic.twitter.com/RoWyFCOaeA

— KAZUYA (@KazooFX) November 22, 2019

最近ではやっとMT5にも対応したみたいですね!

5. TitanFX(タイタンFX)をオススメできる人

TitanFX(タイタンFX)をオススメできる人

基本的に、TitanFXは幅広いトレーダーに適した業者でありますが、特徴から特にオススメできる人は3つのタイプ。

特に、高い約定力やスプレッドが比較的狭く設定されていることから、スキャルピングメインで取引する方に向いていると言えます。

TitanFXの利用をお考えの方は、今一度自分にあった業者なのか考え直してみると良いでしょう。

5-1. 狭いスプレッドで取引したい人

TitanFX(タイタンFX)は狭いスプレッドで取引したい人にオススメ

TitanFXではボーナスが実施されていない分、スプレッドが狭く設定されています。

特に、スタンダード口座に関しては他社と比べても比較的狭いことがわかります。

そのため、ボーナスはいらないから狭いスプレッドで取引したい方にはオススメできるでしょう。

TitanFXと他社とのスプレッド比較

ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル
IFC Markets 1.8pips 2.5pips 5.5pips 3.5pips 1.8pips
FXDD 2.3pips 3.0pips 3.8pips 3.5pips 1.8pips
TradersTrust 2.0pips 3.2pips 3.7pips 3.5pips 1.8pips
FxPro 1.8pips 2.4pips 3.6pips 3.0pips 1.7pips
XM 1.6pips 2.6pips 3.5pips 3.0pips 1.6pips
TradeView 1.8pips 1.9pips 2.3pips 2.6pips 1.7pips
iFOREX 0.9pips 1.7pips 2.5pips 3.5pips 0.8pips
AXIORY 1.5pips 1.7pips 2.7pips 2.1pips 1.3pips
TitanFX 1.33pips 1.74pips 2.45pips 2.12pips 1.2pips
Bigboss 1.3pips 1.7pips 2.0pips 1.8pips 1.6pips
GemForex 1.2pips 1.4pips 1.9pips 1.6pips 1.2pips
LANDFX 0.8pips 1.5pips 1.8pips 1.6pips 0.8pips

※スタンダード口座の平均値で比較。
赤字=比較上の最大値

5-2. スキャルピングで取引したい人

TitanFX(タイタンFX)はスキャルピングで取引したい人にオススメ

TitanFXではスプレッドが狭く約定力が高いという特徴があるため、スキャルピングに適しているとも言えます。

特に、ブレード口座はスプレッドが狭いので、よりスキャルピングに向いているでしょう。

しかし、ブレード口座と他社ECN口座のスプレッドを比較すると、他社に見劣りしてしまうことも事実。

TitanFXのブレード口座と他社ECN口座のスプレッド比較

ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル 手数料往復
HotForex
(ZERO口座)
1.0pips 1.6pips 2.2pips 2.2pips 0.9pips 8~12ドル
(0.8~1.2pips)
TitanFX
(ブレード口座)
1.03pips 1.44pips 2.15pips 1.82pips 0.9pips 7ドル
(0.7pips)
XM
(ZERO口座)
1.1pips 2.1pips 1.1pips 1.3pips 1.6pips 10ドル
(1.0pips)
FxPro
(cTrader)
1.3pips 1.3pips 1.6pips 1.3pips 0.9pips 9ドル
(0.9pips)
LANDFX
(ECN口座)
0.59pip 1.5pips 1.8pips 1.6pips 0.8pips 7ドル
(0.7pips)
AXIORY
(ナノスプレッド口座)
0.8pips 1.0pips 1.3pips 1.3pips 0.8pips 6ドル
(0.6pips)
TradeView
(ILC口座)
0.6pips 0.9pips 1.0pips 1.0pips 0.6pips 5ドル
(0.5pips)

※全てのスプレッドは取引手数料(往復)を上乗せした値で表示
赤字=比較上の最大値

そのため、ECN口座での取引が目的の方は、他社の方がスプレッドの狭さで考えると有利になるかもしれません。

確かに、ECN口座で比較するとTradeViewのICL口座がダントツ狭いですね!

5-3. 安全な資産管理の業者を利用したい人

TitanFX(タイタンFX)は安全な資産管理の業者を利用したい人にオススメ

TitanFXでは資金の分別管理を行なっている銀行にて信託保全が組まれています。

そのため、TitanFXの運営が倒産する事態になっても預けている資産が帰ってくる安全性があります。

実際、海外FXの資産管理には、分別管理のみや信託保全が組まれていない業者も多くあります。

特に海外FXでは資金面でのトラブルも多いため、より安全に取引したい方は信託保全のある業者を利用すべきでしょう。

6. TitanFX(タイタンFX)に関するQ&A

TitanFX(タイタンFX)に関するQ&A

TitanFXの利用前に知っておくべき注意や、不安な点をQ&A形式で解決しています。

ご利用をお考えの方は、参考にしていただけると幸いです。

Q1. TitanFXの入出金でかかる手数料は?

A. 入金・出金手段によって違いがあります。

入出金手段 入金手数料 送金時間
クレジット・
デビットカード
入金:無料
出金:無料
入金:即時
出金:1営業日~4週間
bitwallet 入金:無料
出金:無料
入金:即時
出金:1~5営業日
NETELLER 入金:無料
出金:3.75%
入金:即時
出金:1営業日以内
Skrill 入金:無料
出金:3.75%
入金:即時
出金:1営業日以内

※ NETELLERとSkirillでの入金のみ最小入金額が30USDに設定されています。

TitanFXで利用可能な入出金手段は4つ。

入金通貨は、5つで対応しています。

  • 米ドル(USD)
  • 豪ドル(AUD)
  • 日本円(JPY)
  • シンガポールドル(SGD)
  • ユーロ(EUR)

基本的に入金手数料は無料ですが、NETELLERとSkirillでの出金時のみ手数料が発生します。

それ以外でのTitanFXからの出金手数料は無料ですが、場合によってはbitwalletから銀行口座への出金時に手数料がかかる場合もあります。

Q2. TitanFXの取引時間は?

A. 夏時間と冬時間で異なります。

  • 冬時間:月曜日7:04~土曜日7:55(3月第2日曜日〜11月第1日曜日)
  • 夏時間:月曜日6:04~土曜日6:55(11月第1日曜日〜3月第2日曜日)

※日本時間で表記

Q3. TitanFXでの禁止事項・取引制限はある?

A. 禁止事項・取引制限はありません。

TitanFXでは基本的に、禁止事項や取引制限が無く、スキャルピング、自動売買、両建てなども利用可能です。

Q4. TitanFXでデモ口座は利用可能?

A. 利用可能です。

TitanFXではデモ口座の利用が可能。最大5万ドル(約500万円)の仮想の証拠金で取引の練習が行えます。

しかし、デモ口座の利用期間は30日間無料となっているので注意が必要です。

Q5. TitanFXでは日本語サポートがある?

A. ございます。

TitanFXでは再度の完全日本語化はもちろんのこと、日本人スタッフによるサポートも電話・メール・ライブチャットで受けられます。

サポート時間は月曜日~金曜日の24時間体制。

  • 電話:+64 9951 5711(アジア時間)
      :+1 214 2388 269(ヨーロッパ時間/ニューヨーク時間)
  • メール:support.jp@titanfx.com
  • ライブチャット:こちらから

まとめ|TitanFX (タイタンFX)は約定力に優れたスキャルピング向きの業者

TitanFX (タイタンFX)は約定力に優れたスキャルピング向きの業者

TitanFXには特別大きな特徴はありません。

しかし、高い約定力やスプレッドが比較的狭く設定されていることから、スキャルピングメインで取引する方に向いていると言えるでしょう。

本気でスプレッドの狭い業者を使いたいなら、TradeViewのICL口座がオススメです!

一方で、TitanFXではライセンスの信頼性が低いことや、ボーナスが一切無い事がデメリット…

そのため、信頼性・安全性を重視する方やボーナスが欲しい方は、サービスが充実している「XM」の利用がオススメです。

この記事を最後まで読んだあなたが、TitanFXのメリットだけでなくデメリットやリアルな評判についても十分理解し、

本当に自分にあった業者であるのか判断できれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です