【辛口】TradersTrust(TTCM)は信託保全なし!5つのデメリットを激白 | 海外FXのバイブル

【辛口】TradersTrust(TTCM)は信託保全なし!5つのデメリットを激白

【辛口評価】TradersTrustは信託保全なし!5つのデメリットを激白

海外FXを始めたいんだけど、TradersTrustはFX初心者でも大丈夫かな?

結論からいうとTradersTrustは上級者向けの海外FX業者であり、FX初心者にはおすすめできません。


おそらくこの記事を見ているあなたも、海外FXでのTradersTrustの利用に興味をお持ちなのではないでしょうか。

TradersTrustは2009年からサービスを開始している、とても歴史ある海外FX業者の一つ。

しかしながら、TradersTrustで使える口座タイプのスペックはあまりよくなく、唯一おすすめできるVIP口座は初回入金額が200万円とかなり高額設定になっています。

この記事ではTradersTrustに関して実際の利用者の意見を交えて詳しく解説していますので、是非とも気になっている方は参考にしてみてください。

1.TradersTrust(トレーダーズトラスト)とは上級者向けの海外FX業者

TradersTrust(TTCM)
会社名TTCM Traders Trust Capital Markets Limited
所在地155 Agias Fylaxeos Str. & Spyrou Kyprianou Avenue, Ersi Court, Office 202, Limassol 3083, Cyprus
金融ライセンスCyprus Securities and Exchange Commission (‘CySEC’)認可番号107/09、EU Markets in Financial Instruments Directive (‘MiFID’)
事業開始日2009年12月18日
資本金非公開

TradersTrustは2009年からサービスを開始している歴史のある海外FX業者です。

日本語サポートも充実しており、日本人の方でも比較的安心して利用できる業者の一つではあるものの、おすすめできるのは上級者に限られます。

その理由としては、TradersTrustで利用できる口座は3つあるのですが、VIP口座以外はかなりスプレッドが広いことが挙げられます。

また、VIP口座を利用するには初回入金額として200万円以上という設定になっているため、初心者にはまず不向きと言えるでしょう。

ただ、VIP口座のスプレッドは海外FX業者の中でもトップクラスの狭さとなっているので、スキャルピング(超短期トレード)を目的に活用するのが得策です。

2.TradersTrust(トレーダーズトラスト)の5つの特徴・メリット

TradersTrustの大きな特徴としては、VIP口座のスプレッドの狭さが挙げられます。

利用者の多くが上級者であり、日本でもある程度余剰資金に余裕がありトレードに慣れている方が利用されている傾向にあります。

また、取引環境に関しては透明性が高いNDD方式を採用しているため、日本国内の業者のような悪質な介入等は一切ありません。

その他公式サイトでは、しっかりと日本語サポートが完備されているのも特徴の一つ。

2-1.VIP口座のスプレッドはFX業界トップレベルの狭さ

<他社との口座スプレッド比較>


TradersTrust(VIP口座)AXIORY(ナノスプレッド口座)TitanFX(ブレード口座)Tradeview(ILC口座)
手数料0.3pips0.6pips0.7pips0.5pips
USD/JPY0.7pips1.1pips1.1pips0.6pips
USD/EUR0.6pips0.9pips0.9pips0.6pips
EUR/JPY0.8pips1.0pips1.4pips0.8pips
GBP/JPY1.2pips1.6pips1.9pips1.6pips
AUD/JPY1.3pips1.5pips1.8pips1.2pips

※全てのECN口座は取引手数料(往復)を上乗せしたスプレッド値を表示

海外FX業者の特徴としてはスプレッドの広さがよく挙げられます。

しかしながら、TradersTrustのVIP口座に関しては平均して0.4pipsと、業界でもトップクラスの狭さとなっています。

また、手数料に関しても往復で0.3pips(3ドル)と他社と比較してかなり安い設定になっているのも大きな特徴の一つ。

ただ、TradersTrustのVIP口座以外の口座タイプはかなりスプレッドが広いので、利用はおすすめしません。

2-2.取引環境の透明性が高く安心【NDD方式】

TradersTrustに限らず多くの海外FX業者ではNDD方式が採用されており、国内の業者とは違いトレードに関して透明性が高く取引が行いやすい特徴があります。

取引環境に関しては基本的には

  • DD方式
  • NDD方式

の2つのみとなっており、双方の大きな違いとしては業者による仲介があるかないか。

投資家の中ではDD方式は避けられがちですが、中にはDD方式でも良い業者も多数存在しています。

逆に、NDD方式と謳いながらインターバンク先を公表していないところもあるので、ご利用の際には注意が必要です。

※インターバンクとは?:銀行間のみで行われる為替取引のことを意味します。

2-3.入金手数料は入金額に関わらず全て無料

<入金方法による違いを比較>


bitwalletクレジットカード国内銀行送金ビットコイン海外銀行送金
入金可能通貨・JPY
・USD
・EUR
・GBP
・JPY・USD
・EUR・GBP
JPY・JPY・USD・EUR・GBP・JPY・USD・EUR・GBP・CHF・CNY・PLN
手数料無料無料無料無料無料
最小入金額50ドル相当(約5000円)50ドル相当(約5000円)なし50ドル相当(約5000円)なし
最大入金額上限なし上限なし上限なし上限なし上限なし
反映時間即時即時1~3営業日まで即時1~3営業日まで
おすすめ度★★★★★★★★★★★★★★★★

※おすすめ度は★5の五段階評価。

TradersTrustでは口座への入出金の際にかかかる手数料は、全て無料となっています。

最小入金額に関しても50ドルとかなり低い上に、入金に関する上限もありません。

基本的にはTradersTrustを利用する場合、VIP口座しかおすすめできず初回入金額が200万円からとなっているのであまり関係ありませんね。

また、おすすめの入金方法としては、

  • 国内銀行送金
  • bitwallet

のどちらかになります。

2-4.公式サイトは日本語サポート完備で安心

海外FX業者を利用する際に気になるのが日本語サポート。

TradersTrustは公式サイトもかなり日本語サポートが充実しており、他の海外FX業者のような翻訳ミスなどは一切ありません。

また、TradersTrustの公式サイトではFXトレード情報以外にも

  • 企業ニュース
  • 経済カレンダー

など様々なコンテンツが充実しており、全て日本語で閲覧できるようになっています。

2-5.金融ライセンスを保有している【バミューダライセンス】

TradersTrustは2つの金融ライセンスを取得しています。

  • キプロスライセンス:欧州法人(TradersTrust CY)
  • バミューダライセンス:日本法人(TradersTrust BM)

日本人の方でTradersTrustを活用される方は、バミューダライセンスが反映。

バミューダライセンスは、国内で有名な海外FX業者の多くが取得しているライセンスの一つでもあります。

巷ではマイナーライセンスと呼ばれていますが、何も金融ライセンスを取得してない海外FX業者よりは信頼できるでしょう。

ちなみに、キプロスライセンスの方は欧州エリアの利用者に反映されており、取得もかなり厳しくメジャーなライセンスの一つです。

3.TradersTrust(トレーダーズトラスト)の5つのデメリット

TradersTrustの大きなデメリットは、過去に出金拒否が起こっていること。

投資家にとって一度でも出金拒否が行っている事実があると、かなり不安になります。

特に海外FX業者の中では出金拒否の事例がかなり多いので、過去に何度も起こっている業者は避けた方が無難。

また、TradersTrustはボーナスキャンペーンが、唯一使えるVIP口座に付いていないこともデメリットの一つ。

その他、TradersTrustの口座タイプの中でも使えるVIP口座は初回入金額が200万円以上とかなりハードルが高いので、初心者には不向きと言えます。

3-1.過去に出金拒否の事例がある

出金拒否の疑いがあったのはかなり前の話ですが、一度でも出金拒否があると利用者側としてはかなり気になります。

特に海外FX業者は国内の業者とは違い出金拒否の事例が多い。

TradersTrustに限らずどこの海外FX業者を利用するにしても、必ず自身でリサーチする必要性があります。

3-2.分別管理だけで信託保全はなし

TradersTrustには信託保全はありませんが、分別管理はしているようです。

日本国内のFX業者では信託保全が義務化されていますが、海外FX業者ではないことが大変多いので予めの確認は必要不可欠。

また、分別管理しているといっても会社自体が倒産してしまった場合には、証拠金は戻ってこない可能性が極めて高いと言えます。

3-3.VIP口座にはボーナスキャンペーンがない

TradersTrustではボーナスキャンペーン自体はありますが、口座タイプの中で唯一おすすめできるVIP口座にはついていません。

口座開設時や入金時にボーナスが欲しいと考えている方は、XMなどの海外FX業者がおすすめです。

また、ボーナスに関しては時期によっても内容が異なってくるため、タイミングをみて口座開設するのが良いでしょう。

3-4.VIP口座を利用するには初回入金額として200万円必要

TradersTrustの口座タイプの中で唯一おすすめできるVIP口座ですが、利用するには初回入金額として200万円が必要となります。

海外FX初心者からしたらいきなり200万円を入金することは極めて困難である上に、ギャンブル性が高くなってしまうのでおすすめしません。

初回入金額が出来るだけ低い海外FX業者をお探しの方は、まずはXMを活用してトレードに慣れてみてはいかがでしょうか。

幸い、デモ口座も簡単に利用できますので初心者の方は、まずはXMで初めてみてください。

3-5.ロスカット率や最大レバレッジ数があまり良くない

TradersTrustのVIP口座以外のスペックは

  • ロスカット率:20%
  • 最大レバレッジ:500倍

と平均的。しかしながら…

唯一、おすすめできるVIP口座のスペックはあまり良くありません。

  • ロスカット率:50%
  • 最大レバレッジ:200倍

数字だけ見ると海外FX業者の中でも平均より下回っており、お世辞にも

「良いスペックの口座である」

とはいないでしょう。

※ロスカット率とは?:損出を最小限に抑える個人で設定できるパーセンテージになります。

ロスカット率を設定しておくと設定した数値を下回った場合に、自動的にロスカットしてくれます。

4.TradersTrust(トレーダーズトラスト)のリアルな評判・口コミ

TradersTrustに関するネット上の評判や口コミを見てみると、やはり利用者の多くはVIP口座を活用している上級者が多いようです。

ネガティブな口コミ等はあまり見当たりませんでしたが、それでもTradersTrustのVIP口座以外は使えないので初心者向きではありません。

スプレッドの狭さがトップクラスといっても、

  • 初回入金額の高さ
  • スキャルピング メインで利用するのがおすすめ

などを考えると、上級者のみおすすめというのが現状でしょう。

4-1.良い口コミ

海外FX業者の中には予告なく日本から撤退し投資家を混乱の渦に巻き込んだ業者もあるので、一概に評判が良くてもどうなるか分かりません。

あくまでも余剰資金(失っても良いお金)で取り組むのがベストと言えますね。


https://twitter.com/keiji_fx/status/1203520611932225536

一時期TradersTrustでは出金拒否があった事で噂になりましたが、公式サイトでは一切そのような事実はないと公表しているようです。

詳細は定かではありませんが、出金拒否は海外FX業者の常套手段だと認識しておきましょう。


TradersTrustのVIP口座のスプレッドの狭さは業界トップクラスです。

国内のFX業者並みに狭いスプレッド数値となっているので、上級者の方には優良な海外FX業者と言えますね。


海外FX業者の多くはEA運用(自動売買システム)ができるようになっており、TradersTrustも例外ではありません。

ただ、自動売買システムにもリスクがあるので、しっかりとメリットだけではなくリスクも把握した上で利用するようにしてください。

4-2.悪い口コミ

TradersTrustではデモ口座の利用期間が20日間とかなり短い…。

出来るだけ長い期間デモ口座を活用したいという方は、XMを活用した方が良いですね。


XMだと初心者におすすめの海外FX業者なので、まだ慣れていない方はXMからの利用を検討してみてください。

TradersTrustに限らず海外FX業者を利用する際には、利用可能な銀行先までしっかりと確認しましょう。


大手の国内銀行でもたまに使えない海外FX業者などもあるので、詳細までチェックした上で利用を検討するようにしてください。

VPSとは自動売買に必要なサーバーシステムを意味します。

TradersTrustでVPSを活用する際には、公式サイトからの申請後に再度通知としてきたメールで申請しなければなりません。


面倒な作業に思われますが、申請しないことには無料で活用できませんので、利用を検討されている方は注意が必要ですね。

TradersTrustはあくまでも上級者向きの海外FX業者であり、VIP口座以外の口座タイプでトレードしても利益性はかなり低いでしょう。


自身のXFトレーダーとしてのレベルにあった海外FX業者選びが重要ということですね。

TradersTrustに限らずどの業者でも、常に社会情勢の影響を大きく受けています。

幸い、海外FX業者の多くはゼロカットを採用しているところが多いですが、中にはないところもあるので注意が必要です。

5.TradersTrust(トレーダーズトラスト)に関するQ&A

TradersTrustの利用を検討されている方は、実際に利用されている方に多かった質問等にもしっかりと目を通しておきましょう。

特に海外FXにまだ慣れてない方は、必ず一度デモ口座を触ってから取り組むのが無難です。

また、海外FX初心者の方はいきなりTradersTrustを利用せずに、XMなどの初心者向けの業者から利用してみてください。

5-1.TradersTrustではデモ口座は使えますか?

TradersTrustでは、20日間無料で使えるデモ口座が用意されています。

デモ口座の申し込みに関しては公式サイトからできるようになっており、

  • メールアドレス
  • 電話番号

の2つがあれば誰でも気軽に使えます。

5-2.TradersTrustの口座タイプを教えてください

TradersTrustには4つの口座タイプがあります。

口座タイプ最低入金額ドル円スプレッド
スタンダード口座100USD平均1.8Pips
クラシック口座50USD平均1.5Pips
プロ口座200USD平均0.5Pips
VIP口座500USD平均0.4Pips

VIP口座のスプレッド数値に関しては業界トップクラス。

ただ、欠点としては初回入金額が200万円と初心者にはハードルが高いことが挙げられます。

5-3.TradersTrustにはどのような入金方法がありますか?

TradersTrustの入金方法は主に5つあります。

  1. bitwallet
  2. クレジットカード
  3. ビットコイン
  4. 国内銀行送金
  5. 海外銀行送金

入金手数料はどれも完全無料となっており、おすすめの入金方法としては

  • bitwallet
  • 国内銀行送金

の2つです。

5-4.TradersTrustでは口座開設時に手数料などはかかりますか?

TradersTrustでは口座開設時には、手数料等は一切かかりません。

5-5.TradersTrustでは口座開設にどのくらい時間がかかりますか?

必要書類を準備し提出して問題がなければ、5分程度でTradersTrust口座の開設は完了します。

万が一、提出書類に不備があった場合は、TradersTrust側の担当者と直接やり取りをして対処しなければなりません。

詳しい詳細はTradersTrustの公式サイトからお確かめください。

6.まとめ|TradersTrust(トレーダーズトラスト)は初心者にはおすすめしない

結論をまとめるとTradersTrustは、海外FX初心者の方にはおすすめできません。

その理由としては主に4つ。

  1. VIP口座以外はスプレッド数値が広い
  2. VIP口座を利用するには初回入金額として200万円必要
  3. ロスカット率や最大レバレッジ数があまり良くない
  4. 分別管理だけで信託保全がない

TradersTrustで扱える口座タイプの中でも唯一使えるVIP口座は、スプレッド数値は狭いですが如何せん初回入金額が初心者には高すぎます。

海外FX初心者の方は気軽に始められるXMなどから、まずは取り組まれてはいかがでしょうか。

XMであれば既に日本人の多くが利用しており、信頼性・安全性ともに高いので初心者でも安心して始められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です