海外FXでトレーリングストップは不利?効果的な使い方・オススメ業者3選

海外FXでトレーリングストップは不利?効果的な使い方・オススメ業者3選

“トレーリングストップ”って手法を見かけるけど、どういった意味なの?どんな場面で効果的に使われているのかな?
トレーリングストップとは相場の変動に合わせて、決済と損切りを自動で行ってくれる注文方法を意味します。利用者としては主に、長期トレーダーが多いですね。


おそらく今この記事を見ているあなたも、海外FXでのトレーリングストップに関心があるのではないでしょうか。

トレーリングストップでの注文方法には、損失を最小限に押さえながら利益を最大化できるという大きなメリットがあります。

しかしながら、相場が上昇傾向にある時に一時的に下がったりしてしまうと、自動でロスカットしてしまうので適度な調整が必要。

FX初心者の方がいきなりトレーリングストップを行うには設定が難しく、ハードルが高いと言えます。

この記事ではトレーリングストップに関して実際の利用者の意見を交えて詳しく解説していますので、是非とも気になっている方は参考にしてみてください。

1.トレーリングストップとは損失は抑えながら利益確保する投資手法

トレーリングストップ(Trailing stop)とは変動する価格に応じて、ロスカットするポジションを変更していく手法になります。

主に自動売買で活用される手法の一つであり、価格変動に応じて自動でロスカットポジションが更新されていくので、大きく損することはありません。

仮にあなたが101円で買い注文を入れたとするならば、ロスカットラインは100円となり価格相場が100円までダウンしたら自動的にロスカットされてます。

逆に価格相場が上昇し201円まで伸びた場合には、自動的にロスカットラインが更新され200円に設定されます。

自動的にロスカットラインが価格相場に応じて自動で更新されていくので、万が一、相場が下がった場合でも損出を最低限に押さえて利益を得ることが可能。

また、トレーリングストップに関してはFX投資のみならず、株式投資でも利用されている手法の一つです。

2.トレーリングストップの2つの特徴・メリット

トレーリングストップの最大のメリットは、ロスカットポジションを調整する事で損失を最小限に押さえながら、取引できるところにあります。

価格変動に合わせてロスカットポジションが修正されるので、大きく負けるといった事がなく利益を獲得しやすいのが最大の魅力。

特に長期保有を検討されている方は、一度ロスカットポジションを設定しておくと後は変動を見守りながら取引できるので楽です。

2-1.損失を最小限に抑えながら利益の最大化が行える

トレーリングストップでは、ロスカットと決済のポジションを予め設定しておくだけで、自動取引してくれます。

設定するだけで後は放置プレーとなるわけですが、設定したポジションは価格変動に応じて変化するので大きく損失を出したりすることもなく、効率的に利益を最大化する事が可能。

また、自動売買システムでも利用できるので最初に設定だけしておけば後は、相場を見守りながら調整するだけです。

自動売買でトレーリングストップ設定しておけば、後は儲かるだけじゃん!
実際にはそう簡単ではありません。価格相場の急な下落により上昇傾向である相場にも関わらず、ロスカットしてしまう場合もあります…

2-2.長期トレーダー向けの投資手法である

トレーリングストップは確かに便利な手法ではありますが、扱いはとても難しいです。

というのも価格相場というものは常に変化しており、社会情勢の影響などを受けて急激に下落することもあれば、急に上昇するといったこともあります。

常に一定の感覚で相場が上昇傾向にあるのであれば、トレーリングストップは大変優秀な手法。

しかしながら、価格相場というものは変動が激しく予測が難しいのが現状です。

そのため、短期トレードでトレーリングストップを利用するのはあまり意味がなく、長期的なトレードを行う方におすすめの手法だと言えます。

トレーリングストップは自身で自由にポジション設定できるので、長期トレードで活用する際には出来るだけロスカットと決済のポジションを広く持つ事が大切。

あまりにもポジションが近いとトレーリングストップを活用する意味がありませんので、ご注意ください。

3.トレーリングストップの2つのデメリット

トレーリングストップの最大のデメリットは、上昇傾向である相場が一時的に急激に下がった事で、設定していたポジションでロスカットしてしまうこと。

急激な相場の下落には対応する事が出来ないため、せっかく上昇傾向なのに一時的な下落で自動ロスカットが働いてしまうのはかなりの痛手となります。

また、予期せぬ急な下落に対応できないことから価格変動に合わせてロスカットポジションの調整が必要不可欠。

毎回の設定自体は価格相場を予測して行うため、FX初心者には対応が難しいのでおすすめ出来ません。

3-1.上昇相場が一時的に下がった時にロスカットしてしまう

トレーリングストップではロスカットポジションや決済ポジションが価格相場に応じて、変更されるという特徴がありました。

一見、大変便利な投資手法のように思ますが上昇傾向にある相場がいきなり急激な下落を見せた時には、対応できないデメリットがあります。

急激な下落などが起きるとせっかく伸びている相場なのに、事前に設定したトレーリングストップにより自動ロスカットが働き、利益を最大化させる事ができません。

3-2.海外FX初心者が取り組むには設定が難しい

急激な相場の下落に対応するには、予め予測を立てながら都度にトレーリングストップのロスカットポジションを調整する必要があります。

ある程度海外FXにおける取引に慣れている方であれば、価格相場の動きが予測できるかもしれませんが、FX初心者にはあまりにもハードルが高いでしょう。

そのため、FX初心者がいきなりトレーリングストップを活用して利益を出すには、大変難しいという事が言えますね。

4.トレーリングストップに関する評判・口コミ

トレーリングストップ投資手法に関するネット上の評判や口コミは、結論からいって大変良いと言えます。

というのも、上手く活用すればロスカットを自動的にしてくれる訳ですから、設定した数値以上損することはありません。

ただ、利益を出すのは別問題であり、あまりにもロスカットと決済の設定の幅が狭いと上手く利益を最大化できませんので注意が必要です。

4-1.良い口コミ

https://twitter.com/A_KU999/status/1214549819923951616
海外FXでよく使われている取引プラットフォームMT4(またはMT5)には、トレーリングストップ機能が実装されているので、全ての海外FX業者で利用可能です。

海外FXの場合は、取引プラットフォームが統一されているから便利だよね。
https://twitter.com/usstock4/status/1225038057616707586

トレーリングストップを設定しておく事で自動ロスカットが働くので、精神的にも安心して取引できます。

価格変動に合わせてロスカットしてくれるので、大きな損出を出さない点がいいですね。

この方はトレーリングストップを活用して、決済のポジションを+20pipsに設定されていますね。
トレーリングストップではロスカットと決済の幅をどれだけ取るかが重要になってくるので、価格相場を予測しながら設定する事が大切です。

経験がある程度ある中・上級者のFXトレーダーの方達は、トレーリングストップを上手く活用されている方が大変多いです。

トレーリングストップの特徴を活かして上手く取引する事で利益を拡大し、逆に損失を少なく抑える事ができます。

4-2.悪い口コミ

https://twitter.com/taichian_5S/status/1244522266542485505
コロナショックのような価格変動が激しい時期は、トレーリングストップ手法を活用しても相場が予測しにくいため設定調整が難しいと言えます。

https://twitter.com/usstock4/status/1225214035727024128
トレーリングストップの設定幅が狭すぎて、上昇傾向にある相場で利益を拡大させる事ができなかった良い例ですね。

トレーリングストップ手法は海外FX業者のデモ口座でも扱えるようになっているので、取引に慣れていない方は最初に練習した方が良いでしょう。

特に海外FX初心者の方はXMのデモ口座であれば、長期的に取引の練習ができるので、是非とも利用してみてください。

5.トレーリングストップの効果的な2つの使い方

トレーリングストップの効果的な活用方法としては主に2つ。

  1. 価格の急騰・急落を狙ってエントリーする
  2. 価格変動に合わせてロスカットのポジションを調整する

トレーリングストップにおいてはエントリーするタイミングがかなり重要であり、その後の調整も必要不可欠。

海外FX初心者からすると大変難しい投資手法ですので、最初は慣れるまでデモ口座を活用して効果的な使い方を覚える方が良いでしょう。

5-1.価格の急騰・急落を狙ってエントリーする

価格相場が急落(もしくは急騰)している場合は、その反発を活用してトレーリングストップを利用するのが効果的です。

例えば価格相場が下がり切った安値でトレーリングストップを活用し、今のポジションから1円上昇したら買い注文を入れる設定にしておきます。

予想通り安値から1円価格が上昇すると自動で買い注文が入り、そのまま価格相場が上昇傾向になると更に利益拡大できる仕組みです。

5-2.価格変動に合わせてロスカットのポジションを調整する

トレーリングストップは設定したロスカット数値を下回ると、自動で損切りしてくれる大変優れた特徴を持っていました。

しかしながら、価格相場自体が上昇傾向にあり一時的な急落で自動ロスカットしてしまうと利益を最大化させることはできません。

確かにトレーリングストップを利用していると損することはないですが、利益を出来るだけ大きくするにはロスカットポジションの調整が必要になってきます。

価格相場が最初に指定したロスカットポジションに達しそうな場合は、ポジションを調整し利益を上手く拡大させましょう。

6.トレーリングストップに関するQ&A

トレーリンスストップ投資手法を活用する前にまずは、実際の利用者が抱きやすい疑問・質問に関して目を通しておきましょう。

また、FX初心者がいきなり利用する投資手法ではありませんが、経験豊富な中・上級者が長期トレードで活用する際には大変便利。

とは言え、デメリットもありますのでしっかりと特徴を把握した上で、利用検討するのが得策です。

6-1.スマホのMT4でもトレーリングストップって設定できますか?

残念ながらスマホアプリを活用してのトレーリングストップの設定は、できないようになっています。

MT4自体には実装されているのでトレーリングストップを試す際には、PCから行うようにして下さい。

6-2.MT4でもトレーリングストップを適用させることはできますか?

MT4(もしくはMT5)には、初めからトレーリングストップ機能が実装されています。

具体的な設定方法としては…

  1. MT4を開き最初に”ターミナルウィンドウ”を表示させる
  2. ポジションを選択して”右クリック”する
  3. トレーリングストップの”幅”を設定する
  4. 任意の値を入力したら”OK”を選択する

となります。設定自体はPCからしかできませんので、ご注意ください。

6-3.海外FXでトレーリングストップを試すにはどこがオススメですか?

海外FXでトレーリングストップを試すには、海外FX業者の一つであるXMがおすすめです。

理由としてはXMではデモ口座が簡単な申し込みで長期的に利用できるので、実戦ではなく最初にデモ口座で存分に試す事ができるから。

その他、XM自体日本人の利用者が大変多く、海外FX業者の中でも信頼性・安全性が高いからに他なりません。

6-4.自動売買でトレーリングストップ適用しておけば負けることはないのでは?

トレーリングストップは確かにロスカットと決済のポジションを予め設定しておけば、自動で取引してくれます。

そのため自動売買でトレーリングストップを活用しても負けることはなくても、大きく勝つこともないと言えます。

価格は常に変動しており急激な下落があった際には、損切りはできるものの価格相場自体が上昇傾向だった場合、利益を拡大させることはできません。

まとめ|海外FXでトレーリングストップを試すならストップレベル0の業者を利用しよう!

結論をまとめるとトレーリングストップは、ある程度取引経験がある中・上級者が長期トレードの際に利用する投資手法だと言えます。

理由としては上昇相場が一時的に下がった時にロスカットしてしまうため、価格相場に応じて設定の調整が必要である事が挙げられました。

また、トレーリングストップにおける設定の調整は、海外FX初心者だとかなり予測が立てづらく難しいことから中・上級者向けの投資手法であると言えますね。

それでも海外FXでトレーリングストップを活用したいトレーダーは、ストップレベルが0に設定されている3つの業者をオススメします。

※ストップレベルとは、指値・逆指値注文をする際に、現行価格から離さないといけない値幅のことです。海外FX業者によって独自の値幅が設定されています。

ストップレベルの高い業者では、好きな価格で指値注文が入れられませんしね!
トレーリングストップを実践するなら、ストップレベルが0の3つの業者で初めて見ましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です